家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。
そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。
そんな場合に上手に活用したいのが、無料相談です。
大雑把に大きく分けると来店型と訪問型とがありますが、会社により特典が付くところもあったりします。
何をもらえるかというと、商品券が多いようです。
金額は数千円のようですが、数社と面談すれば合計で数万円もらえるかもしれません。
勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、話がうますぎるくらいです。

ほけんの窓口の無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうです。
中小規模のサービスの場合、FPの登録者数が大手紹介サービスと比べて圧倒的に少ないためです。
そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPに相談をした人が保険に加入をしてくれるからです。
そのため、契約、保険の切り替えの見込みが低い案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。
急いで相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手のサービス会社に申し込むか、街中の保険ショップの利用をお考えください。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。
金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。
そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。
では、お米や牛肉など商品そのものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。
実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には見られていません。
そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともどちらとも言えない状態です。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。
このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。
そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと見られたら2回目、3回目の面談をなかなかしてくれないなどプレゼント条件に満たない状態で放置される可能性があります。
そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。
参考:ほけんの窓口の評判は?無料相談口コミと私の体験談!【予約必要?】

無料で保険の見直しを請け負ってくれる会社はたくさんあります。
ネットや電話でできる申し込みは簡単ですし、あとは流れに沿っていけばFPさんとの面談が叶います。
しかしその前にまず、自分でもしっかり準備をしておきましょう。
今の保障内容はもちろんなのですが、自分のライフスタイルを考えてどんな保障があると助かるのか、また逆にいらない保障はないか、負担のない金額はいくらくらいか、家族の増減等これからどんな風に変わっていく可能性があるのかなど、FPさんとの話合を有意義な時間にするためにも調べておきましょう。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。
多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思っていますがそれは違います。
数回の面談後、アンケートに答えるなどを各サービス会社では商品受領の条件にしています。
そもそも、申し込みを行ったからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。
特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。
保険のプロに無料で話を聞けるチャンスがあるなら、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、今現在ある保証や月々の支払額のバランスはとれているか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。
面談までの準備として人生設計について多少考えておき、できたら今の健康状態についてわかるものを用意しましょう。
そうすれば自分に合ったプランを提案してもらいやすくなります。
また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、それについてもしっかり選びましょう。

ほけんの窓口の無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。
それは有料保険相談サービスもあるの?ということです。
調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。
では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。
無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。
なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいます。
逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

費用が0円の保険相談を利用する際には、本当ならば判断はこちらに委ねられているわけですが、担当のFPさんがとても良い人だったりたくさんの自分専用資料が用意されていたりすると、満足いく提案ではなかった場合にどう言えば良いか迷うかもしれません。
自分のお金、さらに人生に関わることなので、すぐに決められないということもあるでしょう。
上手な断り方としては、自分でも考えたいので連絡はいらないときっぱり言っておくことです。
しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

時折見かける、「ほけんの窓口の無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。
昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。
しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。
保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては宣伝のために商品券や牛肉などの景品のプレゼントを始めました。
そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった保険相談者を得るために、特典を出してでも保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

自宅で保険についての話合ができたら便利ですが、一方で満足な提案ではなかった時に断れるかどうかという点があります。
普通の会社なら強引なセールスは厳禁ですし、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといった安心のサポートがあります。
また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、はじめに相談だけのつもりでいることをこちらから明示しておくというのもひとつのテです。
自信を持った提案をしているFPさんであれば他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

テレビなどのメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。
なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。
一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、自宅などの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。
予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから条件に合う保険を提案します。
再度、ライフプランに対してどういった保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。
実績について調べてみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。
これは多くの人が関心を寄せる一方で、仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。
各々の会社について見ていくと、CMでも有名なほけんの窓口や、ネットでよく見る保険マンモスなどの話が多くあります。
FPさんの質に関して高い自信を持っているところや、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。
特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。
同じように保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。
この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。
それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえる販促方法を禁止としたからです。
そのため、保険の相談業界ではお米や牛肉、タオルなどの換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。
手に入れるには何をすれば良いかというと、会って話し合いをするだけであったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。
一社でもらえる金額は数千円ですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。
ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、おまけ程度に覚えておくくらいにして面談そのものを意味のあるものにしましょう。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。
それならば保険料金を見直してもいいかもしれません。
最近、Mなどで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?
でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。
という風に思ってしまう方もいると思います。
安心してください、知識がなくても現在契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。
その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。